コンビニ弁当、ファーストフード食品添加物はNG!アトピーには腸に良いものを摂取しよう!

アトピー性皮膚炎を改善するためには食事療法も重要と言われています。私たちは口から食べたものを腸で吸収し体のエネルギーに変えています。栄養のあるものを食べておかなければアトピーを改善することはできません。今の時代とても便利でコンビニやファーストフードなど夜遅くても開いているためそういった食事で済ませるという人も多いですよね。体に気を遣いよりお肌に良いものをと考える時間が少なくなってきています。しかしアトピー性皮膚炎を改善したいのであれば食べ物をないがしろにしてはいけなのです。

アトピー性皮膚炎を改善をしたいのであればより何がアトピーにとって良い食事なのか知っておくことが大切です。アトピーにとって腸と栄養のバランスが良い食事をすることがベストです。主食は白米よりも玄米がおすすめです。玄米は消化や栄養の吸収を妨げるともいわれていますが、アトピーには玄米がいいでしょう。まずは週の半分を玄米食にしてその半分を胚芽米や雑穀米を混ぜて食べるといいでしょう。そして半年から1年ほど過ぎると徐々に玄米の量を減らしていきましょう。そして発酵食品も積極的に摂取するようにしましょう。お味噌や漬物、納豆などものいいでしょう。子供にとっては苦手な食事が多く、なかなか食事療法を取り入れるのは簡単ではないですよね。食物繊維が豊富な野菜も取り入れ無理のない程度にすすめていきましょう。

そしてアトピー性皮膚炎にとって良くない食べ物もあります。食品添加物が入った食事は良くありません。例えば冷凍食品やコンビニ弁当、レトルト食品、お惣菜もよくありません。お手軽で時間がない時に非常に便利ですがこれらの食事は食品添加物がたくさん含まれています。アトピー性皮膚炎でない人も避けるようにした方がいいでしょう。

そして人工甘味料も良くないでしょう。炭酸ジュースや清涼飲料水もよくありません。ミネラルが豊富とされるミネラルフォーターなどを飲む方がいいでしょう。そしてマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸もよくありません。このトランス脂肪酸はアレルギー性疾患を悪化させるといわれています。ケーキやドーナツにも含まれているため食べ過ぎないように注意しておきましょう。

何気に食べているものでもアトピー性皮膚炎にとっては悪化させる要因の一つになります。アトピー性皮膚炎改善には体質改善が重要となってきます。今一度食生活を見直してみてはどうでしょうか?体にっとてもお肌にとっても口から摂取する栄養はとても重要なのです。