ステロイドは危険!?アトピー性皮膚炎を繰り返す人は体質改善を!

大人になって発症するアトピー性皮膚炎は子供がなるアトピー性皮膚炎と原因が違います。もともと子供の時に患って再び発症した人は違いますが、大人になって初めてアトピー性皮膚炎になったという人は改善するためには体質を改善する必要があります。大人になるとついつい病院を受診して薬を飲んだり、塗ったりしておけばいいやと思ってしまいがちですがそれではアトピー性皮膚炎を根治させることはできません。一時的に薬で押さえているだけで、また痒くなったり湿疹が出来たりと繰り返してしまうのです。薬で止めたとしても一時的にアトピー性皮膚炎を休眠させているだけなのです。病院は対処療法だけと思い、直したいのであれば体質改善に力を入れなければ意味がないのです。

アトピー性皮膚炎を改善したいのであれば消化器官の改善を行うのがおすすめです。実は腸内環境とアトピー性皮膚炎には深いつながりがあるのです。そもそも腸内環境を改善しても改善されるのは便秘だけと思っていませんか?健康は腸からといわれるほど、私たちの健康と深いつながりがあるのです。そもそもアトピー性皮膚炎は体内の有害物質の蓄積、体内の免疫力の乱れによって起こると言われています。食事から体に入るアレルゲンも化学物質などのアレルゲンも口から体に入ります。そして腸まで運ばれ腸で吸収されます。腸内環境が良い状態だと免疫力が高く、アレルゲンが腸まで届いても撃退してくれますが、腸内環境が低下していてはこれらをブロックすることが出来ません。アトピー性皮膚炎に悩む人にとって腸内環境は放置してはおけない臓器なのです。

病院で処方される塗り薬には主にステロイドが使用されています。アトピー性皮膚炎の治療に用いれられますが、その副作用は賛否両論です。正しい用量を守らなかったり長く使い続けると皮膚が薄くなったり、黒くなったりするともいわれています。もちろんひどいかゆみやケロイド状になってしまった皮膚にはステロイドが一番有効的であり、一時的に痒みを抑えるには一番です。しかし落ちついたと思っていた症状も薬を塗らなくなると再び症状は現れて始めます。お肌の症状は一時的にステロイドで治してもしっかりと体の中から体質改善を行うことが大切なのです。腸内環境を整え免疫力アップに努めることが根治への一歩なのです。アトピー性皮膚炎を治そうと思うとお肌の外から、体の中から改善するようにしましょう。そして再びたとぴー性皮膚炎にならないようにしっかりケアしていくようにしましょう。